へくれすブログ

UnityとC#中心の備忘録です

【Unity】【AssetStore】組織(企業/サークルなど)で購入したアセット管理のベストプラクティス

今回は技術ではなく権利まわりのお話です。
企業やサークルといった「組織」がAssetStoreでアセットを購入した場合の諸々についてです。

アセットをいくつ買えばいいの? とか
使っている人が退職した場合は? だとか
UnityProシートみたいに割り当てられないの? などなど

調べたり問い合わせたりしたので結果を書いていきます。

本記事の信憑性について

前書きとして「そもそもこの記事信用できるの?」というところを少し。

色々と調べたもののネット上にはコレという情報はありませんでした。
そのため今回は以下のページから質問を送っています。

Unity 日本語ヘルプデスク ナレッジベース(技術情報)
https://helpdesk.unity3d.co.jp/hc/ja/categories/200285600-%E3%83%8A%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B8%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9-%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%83%85%E5%A0%B1-

つまりUnityの公式情報です! 問い合わせ内容の拡散許可も頂いています!

とはいえ本当に公式に問い合わせたか……などの証明はできないので
法人ではちゃんと個々で確認した方がよいかと思います。
Unityさん目立つところに書いて貰えませんか

アセット管理ベストプラクティス

本題です。
ベストプラクティスを教えて下さい!と直球で質問しました。
個人的解釈を混ぜたくないので、以下メールの原文ママです。


アセットのライセンスを他のアカウントに付け替えることができませんので、以下の方法で管理なさることをお勧めいたします。

・退職などに左右されないアセット購入・管理用のアカウントをお決めいただく
・アセット購入・管理用のアカウントでアセットをご購入いただく
・アセット購入・管理用のアカウントでアセットをダウンロードし、必要な方にお渡しいただく

同一拠点内の同一法人の中でしたら、エディタ拡張などのシートライセンスのアセットを除いて、お一つご購入いただければ全員で共有利用できます。(リモート勤務の方は別拠点扱いになりますので対象外です)

エディタ拡張カテゴリのアセットは、必要数の追加ライセンスをご購入いただければ、アセット自体はコピーして配布していただけます。


簡潔で、改めてまとめる必要もなさそうです。
Unityヘルプデスク様、迅速なご回答ありがとうございました。

長年の疑問が解消されてすっきりしました。
質問してよかったです。